プログラミングを独学で学ぶには何を勉強すればいいの? - プログラミング講師検定
banner banner
banner banner

BLOG

試験関連

プログラミングを独学で学ぶには何を勉強すればいいの?

「プログラミングを学ぼうかと思っているけれどスクールにかけるお金がない」「独学でプログラミングを学んでみたい」という方は意外に多いのではないでしょうか?

プログラミングを独学で学ぼうと考えている方は学習の仕方で困る事が大半です。

プログラミングを独学で学ぶにはそこそこの覚悟がいることは十分に把握しておいてください。

やはり独学で学ぼうとした方々の挫折率は高いです。

それを理解した上で独学で学びたいという方のために学習の仕方を紹介したいと思います。

また、今回の記事はあくまでプログラミングを独学で学習する一つの方法です。

他にも学ぶ方法はたくさんあります。

その中から自分にあっていると思う方法を探し実行しましょう。

ではみていきましょう。

プログラミングを独学で勉強する方法

目標を決める

プログラミングを独学で勉強すると決めたなら既に何かしらの目標は持っていることは多いかもしれません。

もし仮に持っていないのであれば、自身がプログラミングを独学で勉強してやりたいことを考えましょう。

「何となく」などと考えているなら少なくとも独学はすべきではありません。

ほぼ確実に挫折します。

何となくやってみたいからというのであればプログラミングスクールなどに通うべきでしょう。

もし明確な目的があるなら次に進みます。

目的に必要なスキルや言語を分析する

これが少し難しいのですが、目的に必要なスキルや言語を分析する必要があります。

目的とするアーキテクチャが何で構成されているか調べてみましょう。

簡単な例をあげると、ホームページはHTML、CSS、PHP、JavaScriptといった言語の知識が必要になります。

全て構築するのが大変そうだなと感じたならフレームワークやライブラリを使用することも検討しましょう。

フレームワークの例をあげるとCSSであればBootstrap、JavaScriptであればVue.jsといったフレームワークが人気です。

ライブラリの例で言えばReactなどが人気です。

そもそもライブラリやフレームワークがわからないという方は後日別記事にて紹介するのでそちらを参考にしてください。

現段階では開発をスムーズにしてくれるツールぐらいに捉えておきましょう。

学習スケジュールを組む

必要なスキル・言語の分析ができれば次に学習計画を立てましょう。

いつまでにこの言語の基礎を習得して終了したら次の言語へといったスケジュールです。

はじめは学習コストがどれほどかかるかわからないという方が大半だと思うので余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

仮に実行し始めて期日が来た時にまだ理解が足りないと思うのであれば、あなたのスケジュールには無理があったということです。

しかしそれでいいのです。

それが学習コストを計る練習になります。

エンジニアとしてやっていけばこの経験は為になります。

この段階では気づけないかもしれませんが、いずれわかる時がきっときます。

継続すること

ここまでくれば、あとはひたすらに継続する事が大切です。

それ以外にエンジニアになることができる方法はありません。

どんなことでもそうですが、継続は力になります。

わからなくなってもめげずに続けることを頑張りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、独学で学びたいという方のために学習の仕方を紹介しました。

ひとつのアーキテクチャを作ろうと思えば膨大な項目の知識が必要です。

それだけ独学で学ぶということは大変だということです。

これだけのことを独学でするのは無理だと思うのであればスクールなどに通うのも一つの手です。

また、スクールでなくてももくもく会などを主催しているコミュニティなどもあります。

多少費用はかもしれませんが、スクールよりは格段に安いです。

学ぶための手法は数多くあるので自分に適した学習方法を模索しましょう。

お知らせ

プログラミング講師検定は現在クラウドファンディングに挑戦しています。

皆様のお力が必要です。ご支援をお願いいたします。

クラウドファンディングは下記から

プログラミング講師検定のクラウドファンディング