コロナ流行下に最適な仕事であるプログラミング講師になるメリットとは? - プログラミング講師検定
banner banner
banner banner

BLOG

試験関連

コロナ流行下に最適な仕事であるプログラミング講師になるメリットとは?

プログラミング講師になるための資格や経験については他の記事で紹介しますが、今回はプログラミング講師になるメリットをお話ししていきたいと思います。

では見ていきましょう。

プログラミング講師になるメリット

スキルアップ

プログラミング講師になることによって、自身のスキルアップに繋がります。

自分が理解していると思っていたことも教える立場になった瞬間に混乱してしまうことが多くあります。

自身では気づかなかった視点からの質問が飛んでくることもあり、自身の理解をさらに深めることができます。

さらにエンジニアとしてのスキルだけではなく、コミュニケーションスキルを得ることも可能です。

副業として働ける

プログラミング講師は副業として行っている方も多数存在します。

オンラインで行うプログラミング講師などは平日の夜間や土日にだけ行うということも可能です。

さらにプログラミング講師はバイトなどよりも比較的給料が高いので少ない時間でも十分に副業として働くことが可能です。

本職と掛け持ちで仕事をできるのは魅力的です。

自分のペースで働ける

上記で述べたようにプログラミング講師は平日の夜間や土日にだけ行うことができます。

まれに生徒の時間に合わせなければいけないということもありますが、比較的自由度は高いです。

なので自分のペースでプログラミング講師をして働くことができます。

人の成長に携われる

プログラミング講師はその名の通り、教えることが仕事なので生徒の成長を身近で体験することができます。

「先生のおかげでエンジニアとして働けるようになりました」と聞くだけで十分なやりがいを感じることができるでしょう。

人の成長に携われる仕事はなかなかないので、貴重な体験をすることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

プログラミング講師になるメリットを簡潔に挙げましたが、コロナウイルスが流行している現状にも適した魅力的な仕事だと言えます。

ですが、プログラミング講師になるためにはある程度のスキルが必要です。

そのスキルを養うために最適なのがプログラミング講師検定です。

今からプログラミング講師を目指す方は、是非プログラミング講師検定を受験することをオススメします。