プログラミング教育を指導するのに「ぷよぷよ」を使ってみるのはどうでしょうか? - プログラミング講師検定
banner banner
banner banner

BLOG

教育

プログラミング教育を指導するのに「ぷよぷよ」を使ってみるのはどうでしょうか?

プログラミング教育が実施されはじめ、プログラミング教育を行うツールの選定に困ってはいませんか?

以前、別記事にてプログラミング教育を指導するためのオススメのツールを紹介しましたが、今回は「ぷよぷよ」を使ってプログラミングをするツールをご紹介したいと思います。

ぷよぷよとは?

紹介するまでもないかもしれませんが、ぷよぷよは「ぷよ」と呼ばれるスライムモンスターをつなげて遊ぶアクションパズルです。

国民的パズルゲームであるぷよぷよは知らない人はいないのではないでしょうか?

誰もが一度はプレイしたことがあると思います。

二大アクションパズルゲームとして「ぷよぷよ」と「テトリス」があります。

ぷよぷよでプログラミング

そんな国民的パズルゲーム「ぷよぷよ」を使い、プログラミングを学習するツールが開発されました。

それが「ぷよぷよプログラミング」です。

ぷよぷよプログラミングはこちらから

ぷよぷよプログラミングはMonacaを運営するアシアル株式会社と株式会社SEGAの共同事業として実現されました。

内容としてはぷよぷよを実際に動かしているコードを写経するというものです。

コースごとにコード量が異なっていて、一番簡単な基礎コースだと4行のみ、上級コースだと1015行とかなりレベルが異なります。

使い方は?

使用するにはMonaca Educationの無料アカウントが必要になるのでアカウントを取得しましょう。

Webブラウザ上で使用するのであればスマホのデバッガーについてはインストールする必要はありません。

これだけで使い始めることができます。

難しい?

ScratchやViscuitに比べると難しいです。

なぜなら、ぷよぷよプログラミングはScratchやViscuitといったビジュアルプログラミングとは違い、実際にコードを書くことが必要になります。

小学生にいきなり教えようとするには少々骨が折れます。

ですので、中学生や高校生レベルで使用できるレベルだと思います。

ぷよぷよを自分で作ってみては?

いかがだったでしょうか?

今回はぷよぷよプログラミングを紹介しました。

子供の教えるためのツールとして紹介しましたが、大人がハマってしまう可能性は高いです。

しかし上記でも述べましたが、ぷよぷよプログラミングはやや難易度が高めのツールになります。

もし、子供を指導するために使用するのであればサポートはしっかりとしなくてはいけなくなると思っていてください。

ただし興味を引かせるにはもってこいのツールだと思いますので、検討してみてください。

ぷよぷよプログラミングはこちらから