プログラミング講師検定とは - プログラミング講師検定
banner banner
banner banner

プログラミング講師検定とは

プログラミング講師検定とは

プログラミング講師検定とは、その名の通りプログラミング講師としての一定の技術力や知識を測るための試験です。
近年、個人レベルでのスキルにフォーカスがあたる場面が多くなってきた世の中で、プログラミング人口の増加が多くみられるようになってきました。プログラミング人口の増加は業界として、非常に喜ばしいことだと思います。
しかしその反面、未熟な技術力・知識などを持ったプログラマが多く輩出することも少なくなくなってきました。
個人レベルであれば、問題がないことも少なからずありますが、チームの一員としてプロジェクトに参入するのであれば、問題が多々発生することもまちまちです。

さらに、そのような未熟なプログラマが講師・教師として台頭することにより、未熟なプログラマを輩出することに拍車をかける事態になります。
そのような問題・課題を解決するため、私たちはこのプログラミング講師検定を実施する運びとなりました。

このプログラミング講師検定を実施する目的は、上記のようにプログラミング講師の水準を上げること、また未熟なプログラミング講師の数を減らすことです。
またこのプログラミング講師検定は、講師の方だけでなく、企業の研修として実施する方にも効果的であると言えます。
よって、幅広いプログラマの方々に受験していただける内容となりますので、ぜひ受験してください。

プログラミング講師検定のメリット

プログラミング講師になれる

プログラミング講師検定はその名の通り、プログラミング講師を主なターゲットとして実施される検定試験です。プログラミング講師検定を受験すれば、プログラミング講師として必要なスキル、知識を習得することが可能です。
いざプログラミング講師になろうと思った際にサービス毎に試験が実施されますが、それらの試験対策にもなります。

自身のレベルアップになる

現在、プログラミング講師をされている方でもプログラミング講師検定を受験するメリットはたくさんあります。
情報処理やITの基礎知識を改めて身に付けることが可能です。それだけでなく、プログラミング講師検定では講師としての問題も存在します。講師として適切であるかの観点からもレベルアップが期待できます。

プログラミング教育に活用

プログラミング講師検定と聞くとプログラミング講師だけが対象なのだと思われる方が多いかと思われますが、決してそうではありません。
プログラミング講師検定では、自身の分野に合わせて試験を受けることができます。中でも大いに異なるのは教育機関系の分野です。
教育機関系選択の対象の方は、主にプログラミング教育を指導される方です。
プログラミング教育とは論理的思考を育てる教育であるとされていますが、論理的思考を指導するためにはITの基礎知識は不可欠です。そのため、プログラミング講師検定は教育機関系の方にとっても最適のプロセスです。

企業の研修にも

プログラミング講師検定の対象となるのは「教える立場」にある方々です。
ですので企業の研修を担当する方にも受けていただくことができます。教えるために必要なスキルを養うことができるのがプログラミング講師検定です。